UiPathによる削減効果のリアルタイム把握なら

RPA Smart Analytics

RPAを入れすぎて、管理ができなくなったというお悩みを解決します。RPAの管理にかかっていた時間を大幅に削減できます。

*=必須項目












Webブラウザで管理

複数のジョブ管理、処理状況をダッシュボードで管理します。

RPAの処理を人件費に換算

RPA導入によるコスト削減効果を一目で判断できます。

分析レポートを自動作成

大量のデータを分析して、RPAの分析レポートを自動的に作成します。

複数のRPAを集中管理するメリット

RPA効果測定の工数を削減

ロボットの実行実績を計算するには、UiPath Orchestratorから情報をエクスポートする必要がありましたが、RPA Smart Analysisでは、ブラウザ上で、RPA化の効果を確認できます。
1カ月、四半期、1年と任意の効果を、瞬時に切り替えて表示できます。

エラーログの確認工数を削減

RPA Smart Analysisでは、エラーメッセージを見れば、問題の発生状況を把握できます。また、重大なエラーが発生したジョブをすぐに特定できます。エラーログは出力されているが、ジョブの終了ステータスが「成功」になっているログも把握できます。

ログ大量出力の原因を特定

ログの出力量が急増したとき、ログの出力推移のグラフからログを大量出力したロボットをすぐに特定できます。
ログの出力推移のグラフが可視化できるので、問題の発生を未然に防ぐことができます。

お客様の声

エラーの出ているロボットを特定し、稼働状況を一目でわかるようにしました。1,000台のロボットの稼働状況を、すぐに確認できるようになりました。

大手金融機関

リモートでの導入支援を行い、遠隔地でも問題なく導入できました。RPA Smart Analyticsの導入後も、リモートで分析、サポートを行っています。

大手製薬会社

ダッシュボード作成例

導入条件

導入にはおよそ3カ月かかります。

OS             Linux、Windows

ソフトウェア         UiPath、Orchestrator、Elasticsearch、 Kibana

オンプレ            〇

クラウド            〇

このような方におすすめです(活用例)

RPA Smart Analyticsはこのような方におすすめです。

  • RPAを入れすぎて管理がままならない。
  • RPAのエラーが原因でシステムがダウンしてしまった
  • RPAを管理するエンジニアを大量に雇ってしまった

詳しくは、動画をご覧ください。

Airitech株式会社

Copyright © Airitech All Rights Reserved.

  • Youtube

    Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Optio, neque qui velit. Magni dolorum quidem ipsam eligendi, totam, facilis laudantium cum accusamus ullam voluptatibus commodi numquam, error, est. Ea, consequatur.