TOPICSお知らせ

Airitech、ミャンマーの女性AIエンジニアを応援する「WAI」とスポンサー契約を締結

Airitech株式会社は、ミャンマーの女性AIエンジニアを応援するプロジェクト「Woman in AI Myanmar」(以下、WAI)とゴールド・スポンサー契約を締結しました。

今後、Airitechは、WAIが主催する4つのミャンマー人女性エンジニア向けのイベントで、ゲストスピーカーとして講演したり、Airitechでの求人情報を紹介したりします。

1. 取り組みの背景と目的

Airitechでは、すでに41名のミャンマー人エンジニアが働いています。そのうち女性エンジニアは29名です。ミャンマーの政治状況を鑑み、ミャンマーからのリモートワークも推進しています。

このような状況から、イベントを通じて一人でも多くのミャンマー人女性エンジニアにAiritechのことを知ってもらい、条件がマッチすれば、Airitechで勤務をしていただきたいと思っています。

在籍者内訳 在籍者数
ミャンマー人エンジニア(全体)
41名
ミャンマー人エンジニア(男性)
12名
ミャンマー人エンジニア(女性)
29名
国内在住者
30名
ミャンマー在住者
11名

2. ゴールド・スポンサーの具体的な契約内容

内容
1
WAI Global slackのMyanmar Channelで、Airitechがスポンサーになったことをアナウンスする
2
2021年11月27日~2022年2月19日の4回のオンラインイベント(ミャンマー語)にAiritechがスポンサーとして参加する
3
2021年11月27日~2022年2月19日の4回のオンラインイベント(ミャンマー語)にAiritechのミャンマー人エンジニアがゲストスピーカーとして登壇する
4
月に1回発行されるWAIのニュースレター(WAI APAC のLinkedIn掲載)にAiritechの情報を掲載する
5
お互いのロゴマークを共有する

■Airitechがスポンサーになったオンラインイベント(ミャンマー語)

– Best Practice in Website Development(2021/11/27)
– Mobile Application Development(2021/12/4)
– Kaggle for data scientists(2022/1/29)
– Working data with Elastic stacks (2022/2/5)

3. 今後の取り組み

政治的に大変な状況にあるミャンマー人女性エンジニアに、Airitechのことを知ってもらい、条件がマッチすれば、Airitechで勤務をしていただきたいと思います。

組織紹介

Woman in AI Myanmarについて

Woman in AI Myanmarは、2021年1月23日に発足しました。ミャンマー大使 Khine Zar Thwe(カイザー)を中心としたチームでスタートし、これまでに70名以上のメンバーが参加しました。イベントの参加者は、200名以上になったこともあります。ミャンマーの政治状況が改善すれば、将来より成長すると予測されています。

<Woman in AI Myanmarの使命>

・ミャンマーのAIの分野でジェンダーの包括性を促進する
・AIおよびML業界の分野で女性リーダーを誕生させる
・次世代のミャンマーの学生が新しいAIテクノロジーを通じてイノベーションを起こす
・恵まれない若者、特に女性がAIのスキルと知識を習得し、生活水準を向上させる

<組織情報>

組織名:Woman in AI Myanmar
代表者:Khine Zar Thwe(カイザー)
サイトURL:https://www.womeninai.co/
メールアドレス:myanmar@womeninai.co

Airitech株式会社について

システムのトラブルシュートや性能改善/ビッグデータの活用/システム開発支援を主な事業とし、ITシステムのダウンや性能劣化など、難度の高い問題の解決をしています。その実績を活かして、お客様の環境に合わせたシステムの導入と保守サービスの提案を広く行っています。

<会社情報>

会社名 :Airitech株式会社(エアリテック株式会社)
代表者 :代表取締役 山﨑 政憲
所在地 :東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
事業内容:パッケージ開発・販売事業、コンサルティング事業、システム開発事業
URL   :https://www.airitech.co.jp/

CONTACT

システムのことでお困りの方は
ぜひ一度お問い合わせください。

コンタクトフォームはこちら